読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'll go to WWDC2014!(WWDC2014に行くよ!)

「今年のWWDCのチケットは抽選制になるかも?」とは前から噂にはありましたが、本当に抽選でした。で、WWDC2014のチケット購入権の抽選に見事、当選いたしました!

f:id:studioshin:20140409124305p:plain

そんなわけで、今年もWWDCに行ってきます。ただ、今年はチケット抽選ということもあって、いつも一緒だった開発者さんたちの多くはチケットを取れずじまいでした。

なので、例年からするとちょっと寂しい感じですがその分、片言の英語ながら他の国の開発者さんたちとコミニュケーションしてきたいと思います。

また、WWDC中はこのブログやTwitter(@studioshin)でもWWDC2014の情報をNDAの範囲内でお伝えして行きたいと思います。

 

 で、今回は 今年初めてWWDCに参加するという人のために参加前の準備について少し書いてみたいと思います。

WWDCのチケットの購入はもうお済みですよね?これがないと始まりません。158,800円とお高いですが、思い切って購入しましょう。すべてはそこからです。

f:id:studioshin:20140409144121p:plain

そして次に往復の航空券と1週間のホテルの確保です。私はいつも「楽天トラベル」を利用しています。

http://travel.rakuten.co.jp/kaigai/index.html

 海外ツアー(楽パック)というのがありますが、「格安航空券」と「海外ホテル」で別々に取ったほうが安い組み合わせを選べるので便利かと思います。WWDC参加の日程ですが、今年は6月2日〜6月6日までの5日間ですが、6月2日にサンフランシスコ着というのは避けましょう。余裕を持って前日に渡米して翌日に備えましょう。またいつまで滞在するかですが、多くの場合WWDCが終った翌日の6月7日(土曜日)の飛行機で日本に帰る場合が多いでしょうが、スケジュールが許すならここは1日延ばして6月8日(日曜日)の飛行機にしましょう。なぜかというと日曜日の飛行機のほうが安いのです。宿泊するホテルにもよりますが、リーズナブルなホテルならば1泊分の宿泊費を足しても安くあがります。その上1日、自由時間が持てますので、ここは是非6月1日〜6月8日の日程でいきましょう。

ホテルですが出来るだけ会場に近いほうが楽で便利です。WWDCの会場はサンフランシスコの「モスコーンセンター・ウエスト」というところです。

f:id:studioshin:20140409143039p:plain

 地図の上のところに「ユニオンスクエア」が見えますが、WWDC会場とこのユニオンスクエアの周辺にいくつもホテルがありますので、この周辺でホテルを探すのがいいかと思います。一昨年は少し西に離れたホテルに泊まったのですが、夜に食事をしてホテルに帰るとき道を歩いていて少し怖かったです。WWDC会場とユニオンスクエア周辺ならば夜でも比較的安全に歩けますし、レストランやスーパー、ユニクロなどもあります。それに地図の中央に見えるパウエル・セント駅の近くにアップルストアがあります。またホテルでWi-Fiが使えるかどうかも確認しておいたほうがいいでしょう。WWDC会場であるモスコーンセンター・ウエストでは有線や無線LANが使用できますが、ホテルでなにか作業をしたい場合やアップルのCMみたいに家族とFace TimeやSkypeで話をしたい場合、ホテルでWi-Fiが使えると便利です。宿泊客は無料で使い放題というホテルや時間で有料のホテルなど色々ありますので、事前にチェックしましょう。

 

まだ2ヶ月先だからといわずにWWDCに参加すると心の中で思ったとき、すでに行動は終ってる!」という勢いで往復の航空券とホテルは押さえてしまいましょう。1週間で数千人サンフランシスコの人口が増えるんですからぐずぐずしていたらホテルはあっという間に埋まってしまいます。

 

それから、忘れてはならないのがパスポートとESTAの申請です。パスポートがないと出国できないというのはお分かりかと思いますが、さらにESTAの申請が必要です。「ESTAってなに?」っていう方は下のリンクをみてみてください。

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200901/5.html

 

WWDCチケット購入、パスポートとESTA、往復の航空券と1週間のホテル確保。そして1週間の仕事のスケジュール調整。これができればWWDCの参加前の準備は完了です。